お知らせ

セルロースファイバー複合樹脂の採用が決定しました!

2022年8月2日

この度、株式会社巴川製紙所と共同開発致しました「グリーンチップ®︎CMF®︎」の採用が決定致しました。
株式会社鷲見化工(本社:岐阜県各務原市、代表取締役 鷲見 護)のご協力により、有限会社古田化成(本社:岐阜県美濃市、代表取締役:古田 伸享、以下 古田化成)の新ブランド”Nogakel”のカトラリー製品に採用が決定致しました。
“https://www.nogakel.com”
nogakel
原材料はセルロースファイバーを51%以上配合したグリーンチップ®︎CMF®︎で、古田化成は「セルロースファイバーを一定以上混ぜ込むことで製品表記においては紙として扱われ、石油由来の樹脂の使用量を大きく削減することができます。また可燃物としての廃棄を可能とし、分別の手間を省くことでポイ捨てなど不法投棄の抑制に貢献します。そのようなことからNogakelはプラスチックのようでいて「紙」のカトラリーと言えるのです。​」と紹介しております。
現在、東急ハンズ(一部店舗)やセレクトショップなどで販売が開始されています。
今後は、カップとお皿も発売される予定です。